相続のことをAIに聞いてみた

預金口座凍結のことAIに聞いてみた!

預金口座の名義人が亡くなったとき、預金口座は凍結されるのでしょうか。いつから凍結されますか。

口座の名義人が亡くなった場合、その口座は一時的に凍結されることがあります。具体的な凍結の時期や手続きは、国や金融機関の規則によって異なる場合がありますので、一般的な情報を以下に示します。
一般的な流れは次の通りですが、確認のために金融機関に直接問い合わせることが重要です。
死亡届の提出: 口座名義人の死亡が確認された場合、その情報を金融機関に報告するために、
死亡届を提出する必要があります。この届出は通常、市区町村役所で行われます。
※原文のまま掲載

AIの回答に補足しますと、被相続人の死亡後に口座が凍結されるのは、金融機関が名義人の死亡の事実を知った時です。
最も多いのは、相続人から金融機関へ口座名義人が死亡したことを連絡したケースですが、その他に新聞の訃報欄やニュースなどで、金融機関が死亡の事実を知った時もあり得ます。
なお、市区町村から金融機関へ死亡の通知をすることはありません。口座が凍結された場合には、一定の手続きをしないと預貯金の引き出しや解約はできません。
口座凍結の理由は、
①被相続人の相続財産を確保するため
(相続財産がいくらかはっきりさせ相続人の権利侵害を防止)
②金融機関も含めたトラブルを防止するための2つが考えられます。

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続のことAIに聞いてみた

最近の記事

  1. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  2. 税務調査で狙われる相続税の申告書

  3. 8.住宅取得等資金の贈与

月間アーカイブ