相続のことをAIに聞いてみた

預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

預金口座が凍結され仮払い制度の案内をされました。どのような制度ですか。

仮払い制度は、口座口座が凍結されている間、一部の資金を利用するための制度です。以下に一般的な仮払い制度の概要を示しますが、具体的な詳細は金融機関によって異なる場合がありますので、ご利用の金融機関に直接問い合わせて正確な情報をご確認ください。
仮払い制度の申請:
凍結された口座の口座を一部利用するためには、金融機関に対して仮払い制度の申請を行う必要があります。
※原文のまま掲載

AIの回答では情報不足ですね。
仮払い制度(払戻制度)とは、遺産分割前であっても葬儀費用や生活費などで早急なお金が必要な際に、一定の金額(限度)までであれば口座から出金できる制度です。
2018年度の民法改正により2019年7月1日から開始されました。出金できる金額の上限は、次の2つのうち低い方を定められていますので、低い方が上限となります。
①死亡時の預貯金残高×法定相続分×1/3
②150万円
なお、この上限は、金融機関ごとに設けられています。また、仮払い制度を利用するためには、申請や一定の書類が必要となりますので、詳しくは金融機関に問合せてください。

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続のことAIに聞いてみた

最近の記事

  1. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  2. 税務調査で狙われる相続税の申告書

  3. 8.住宅取得等資金の贈与

月間アーカイブ