相続のことをAIに聞いてみた

手続きのことAIに聞いてみた!

父が亡くなったのですが、どこでどのような手続きをすればいいですか

ご愁傷様です。父親の訃報に関する手続きは、一般的に以下のような手順になります。
医師に死亡診断書を発行してもらいます。
葬儀社を選び、葬儀の手配をする。
葬儀社によっては、役所への連絡や手続きを代行してくれる場合もあります。

AIの回答を補足しますと、
親族の方がお亡くなりになられた場合の手続きは概ね次のとおりです。

1日目 近親者への連絡、死亡診断書の取得、葬儀社・お寺への手配
2日目 死亡届の提出(7日以内)、埋火葬許可申請書の提出(7日以内)、通夜
3日目 葬式、出棺・火葬、
初七日(葬儀の日と同日に行う場合)
書類等については次のとおりです。

①死亡診断書
・病院でお亡くなりの場合には、病院の医師から死亡診断書を受け取ります。
・自宅などの病院以外の場合には、検視などの死因特定に必要な手続きを経て死体検案書が発行されます。
・死亡診断書(死体検案書)の左側が死亡届で、セットになっていることが多いです。
・死亡診断書は様々な手続きで必要となりますので、何枚かコピーをしておくと良いでしょう。

②死亡届と埋火葬許可申請書
・通常同時に手続きします。提出先は亡くなられた方(故人)が死亡した場所、故人の本籍地、届出人の住所地のいずれかの市区町村の窓口(戸籍係)です。
個人の住所地の市区町村ではありません。
・死亡届の署名は親族が行う必要がありますが、提出は親族の方以外でも構いません。
葬儀社の方が提出を代行してくれるケースもあります。
・死亡届は死亡診断書(死体検案書)の左側にあり、1枚の用紙になっていることが多いです。
・埋火葬許可申請書は、一部の市区町村では死亡届を提出することによって許可証が発行されることもあり申請書が不要な場合もありますが、市区町村の窓口での入手やホームページからダウンロード可能なケースもあります。
・埋火葬許可申請書が受理されると、埋火葬許可証が発行されます。

③埋火葬許可証
・埋火葬許可証を火葬場に提出し、火葬が行われた後に火葬場から交付(火葬の証明が加えられたもの)されるもので、埋火葬許可証と一体となっている場合が多いようです。
・埋火葬許可証は納骨の際に必要となります。

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続のことAIに聞いてみた

最近の記事

  1. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  2. 税務調査で狙われる相続税の申告書

  3. 8.住宅取得等資金の贈与

月間アーカイブ