相続のことをAIに聞いてみた

遺言書のことAIに聞いてみた!

遺言書がある場合、遺言書通りに遺産分割を行わなければいけないですか。相続人が違う考えを持っている場合はどうなりますか。

遺言書がある場合、通常は被相続人の意思を尊重し、遺言書通りに遺産分割を行うことが期待されます。法的に有効であれば一般的には遺言書指示に従うことが求められます。
ただし、相続人が遺言書内容に納得をする場合もあります。
相続人が異なる意見や主張を持つ場合、遺産分割に関する争いが起こる可能性があります。
遺言書作成時に相続人が意思能力を欠いていたの理由で、遺言書など有効性を考慮して申請を行うことがあります。
このような場合、遺産分割の是非や遺言書有効性を判断するために、裁判所の介入が必要になる場合があります。
遺産分割についての最終的な決定を下すことがあります。
具体的な状況によって異なるため、相続人が違う考えを持つ場合は、弁護士に相談することをおすすめします。サポートを提供させていただきます。
※原文のまま掲載

AIの回答を補足しますと、
有効な遺言書がある場合には、遺産相続は原則として遺言どおりに進められますが、相続人全員で話し合った上で、遺産分割協議書を整えるという方法があります。
協議の結果、全員一致で1つの結論に達したら、遺言書の内容に従わない遺産相続が可能となります。
ただし、相続人のうち1人でも反対があり分割協議が整わない場合はこの方法で遺産相続を実現することはできません。また、遺言書に従った結果、相続人が自分が相続できる財産が少なすぎると思ったときは、遺留分侵害請求権を行使することができます。
(令和元年7月1日民法改正。以前は遺留分減殺請求)

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続のことAIに聞いてみた

最近の記事

  1. 生活費と贈与税

  2. 遺言書のことAIに聞いてみた!

  3. 凍結された口座の解約のことAIに聞いてみた!

月間アーカイブ