相続の知識

私道の評価

私道の種類

  1. 公共の用に供するもの
    例)通抜け道路のように不特定多数の者の通行の用に供されている場合
  2. 専ら特定の者の通行の用に供するもの
    例)袋小路のような場合

私道のうち、①に該当するものは、その私道の価額は評価しないことになっています。

②に該当する私道の価額は、その宅地が私道でないものとして路線価方式又は倍率方式によって評価した価額の30%相当額で評価します。

この場合、倍率地域にある私道の固定資産税評価額が私道であることを考慮して付されている場合には、その宅地が私道でないものとして固定資産税評価額を評定し、その金額に倍率を乗じて評価した価額の30%相当額で評価します。

  1. 隣接する宅地への通路として専用利用している路地状敷地については、私道に含めず、隣接する宅地とともに1画地の宅地として評価します。
  2.  路線価方式による場合の評価方法
    私道の価額は、原則として、正面路線価を基として次の算式によって評価しますが、その私道に設定された特定路線価を基に評価(特定路線価×0.3)しても差し支えありません。

\[私道の価額=正面路線価×奥行価格補正率×間口狭小補正率×奥行長大補正率×0.3×地積\]

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続の知識

最近の記事

  1. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  2. 税務調査で狙われる相続税の申告書

  3. 8.住宅取得等資金の贈与

月間アーカイブ