相続の知識

宅地の評価単位

宅地の一部を使用貸借により貸し付けている場合

土地A、土地B全体を1画地の宅地として評価

宅地の評価単位1

宅地の一部を貸家の敷地としている場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

甲の財産を評価する場合、土地A→自用地、土地B→貸家建付地で評価します

宅地の評価単位2

数棟の貸家の敷地としている場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

甲の財産を評価する場合、土地A→貸家建付地、土地B→貸家建付地で評価します

宅地の評価単位3

宅地を分割して取得した場合

土地A、土地Bそれぞれを1画地の宅地として評価

宅地の評価単位4

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続の知識

最近の記事

  1. 相続のことAIに聞いてみた!!

  2. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  3. 税務調査で狙われる相続税の申告書

月間アーカイブ