相続のことをAIに聞いてみた

借金の相続のことAIに聞いてみた!

父が多額の借金を残したまま亡くなりました。
相続人が借金を相続しなければいけませんか。

一般的に、相続人は財産だけでなく、亡くなった方の借金も相続する可能性があります。なお、具体的な規定は国や地域によって異なるため、法律や地域の相続法を確認する必要があります。
万が一の借金がある場合、相続人が借金を相続するかどうかは、法律や個別の状況によって異なります。以下は一般的なガイドラインですが、専門家に相談して具体的な情報を取得することをお勧めします。

相続財産がかかる場合:
 相続財産の価値が借金の総額よりも高い場合、相続人は相続をせず、財産だけを考えられる場合があります。準拠する必要があります。

相続財産が迷うを下回る場合:
 相続財産の価値が借金の合計額よりも低い場合、相続人は相続財産を売却する。
(※原文のまま掲載)

故人が有していた財産のほか借金などの債務を相続するかどうかについては、受け取る側にも選択の権利があります。
ただし、何もせず3ヶ月経過した場合には財産も債務もすべて引き継ぐこととなり、これを「単純相続」といいます。また、遺産相続の一切を放棄することを「相続放棄」といい、プラスの財産を限度として債務を弁済することを「限定承認」といいます。
債務が多額にある場合などは、「相続放棄」や「限定承認」の手続きを家庭裁判所で行うこととなりますが、この手続きは相続があったことを知った日から3か月以内となっています。

関連記事

LINE 友だち追加
LINE
相続のことAIに聞いてみた

最近の記事

  1. 預金口座凍結後の仮払い制度のことAIに聞いてみた!

  2. 税務調査で狙われる相続税の申告書

  3. 8.住宅取得等資金の贈与

月間アーカイブ